PHILOSOPHY
真意と成長
お客様と時代が求める真意を探求し家族や企業
地域社会の成長に寄与出来る建築をデザインする!
 
PHILOSOPHY
TECHNOLOGY
「真意」を共有し「成長」を予測するため我々
美保テクノス設計部では二つの技術に先進的に取り組んでいます。
 

BIM(Building Information Modeling)

BIMとは『Building Information Modeling』の略です
壁、建具、床などのオブジェクトを配置し、「図面を書く」ということではなく「モデリングする」という感覚で仮想空間に仮想建築物を建て常に空間を把握しながらプランニングを進めます。
また全てのオブジェクトには様々な情報が付加されています。必要に応じて様々な情報を入力し、出力する事ができる可視化された建築情報データベースであるとも言えます。
図面もデータベースから取り出されるさまざまなデータの中のひとつです。

BIM(Building Information Modeling)
IPD(Integrated Project Delivery)

IPD(Integrated Project Delivery)

IPDとは『Integrated Project Delivery』の略です。
統合された技術、技量の提供を意味します。
プロジェクトに関わる各分野の専門家たちの技術をBIMというプラットフォームによって統合し、お客様に最大限のサービスを提供することを目的とします。
BIMによる徹底したビジュアル化により、プロジェクトに関わる異なる知識、価値観、技術、利害関係にある全ての専門家が同じ目線で互いを理解し相乗効果を発揮することが出来ます。クライアントまでもをプロジェクトに巻き込み参加できる環境を整えることを目指します。